自分の”思い込みを解く”口癖をインストールしよう!「ジョーカー 許されざる捜査官」おすすめガイド

正義 日本ドラマ



 
 私たちのコミュニケーションを拗らせるのは、
 思い込みと決め付け!

 常に「思い込み」と「決めつけ」を解いてくれる
 取り入れたい口癖とは?

作品情報

タイトルジョーカー 許されざる捜査官
おすすめ度3.5                        
種別/ジャンル 日本ドラマ / 刑事もの
放送局フジテレビ系 / 火曜21時枠
スタッフ脚本 : 武藤将吾
出演堺雅人, 錦戸亮,       
放送時期2010年7月期
タグさ行, し, 学べる, 考えさせられる,

ストーリー ( あらすじ )

堺雅人が演ずる神奈川県捜査一課警部補、伊達一義は、昼は温厚な人柄から、「仏の伊達さん」と呼ばれ、事件の解決に全力を尽くす。

夜は一転、冷酷な”無法の番人”として、凶悪犯に怒りの鉄槌を下す制裁人。

伊達刑事が事件を追うなか、人間の愛情、怒り、悲しみといったヒューマンかつエンタテインメント性あふれるストーリーで物語が展開。

一方で、見るものにも「本当の正義とは?悪とは何なのか?」「人が人を罰するとはどういうことなのか?」と訴えかけるような、シリアスな面も持つドラマ。

amazon

心に効くポイント ( 感想、考察 )

今や、「半沢直樹」で視聴率25%以上を叩き出す
人気の主役級俳優の堺雅人さんですが

なんと、このドラマがゴールデンタイムの連ドラ初主演だったようです!!
そんなの知らずに、リアルタイムで楽しんでましたけど笑

このドラマは、正義を法を犯す方向で発揮する内容なので
複雑な感情がわきます

が、私が注目して欲しいのは、そこではなく
主人公の口癖です

———————————————–

物事を進めるのに
仮説を立てることは、とても大切。

でも、その仮説を過信しすぎて
自分の中で、もはや真実になってしまうと
怖いですよね

きっと、そうに違いない

そうに、決まってる

絶対、そうだ

って・・・


特に、他人の言動を解釈する上で

人が自分をどう見てるか
人が自分をどう扱うか

って人それぞれに、
思い込み・決めつけのパターンがあります

・バカにしてるからそうなんだ
・私が可愛くないからって
・貧乏人だと思って

などなど
あなたのパターンはなんですか?

それがいわゆる自己イメージです

実は、他人が思うよりも
自分が一番そう思ってるから
被害者モードになっているだけなのです(^_−)−☆

他人の言動を
勝手にその証拠にしてしまう

ほらね、やっぱりって

だから、あんなこと言うんだ
だから、あんな顔するんだ

って裏付けた気持ちになる

それは、正しいのだとばかりに・・・

でも、
そう見るから
そう見えるだけかもしれない

全然、違うかもしれない。


だのに、

さも、みんながそう思っているかのように
あたかもそれが真実のように、

思い込んじゃう笑


前置きが長くなっちゃいましたが
主人公の口癖は
そんな思い込みを払しょくしてくれるのです

その口癖とは

「そうかもしれないし、
 そうじゃないかもしれない」


刑事ドラマなので、
事件を解くために、

相棒が、

「きっと、こうだ!」

推理すると

つかさず、主人公が

このセリフを言うのです

一瞬、

それを言っちゃ~、元も子もないよ~ ( °д°) 

って、気が抜けるのだけど、

常に、事実でないことに対しては
こういう考え方をしておくことが必要だなと思う

ついつい、誰かに対して
マイナスな推測をしそうになったら使いたいですね

そうかもしれないし、
そうじゃないかもしれない!!って(*^-^)b

このドラマを見て
このセリフをたくさん聞いて

自分にインストールしてくださいね(^_−)−☆ 
 

ドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」を無料で観るには

残念ながら、動画配信しているサービスは見つかりませんでした(2020.9.18現在)

DVD , Blu-ray 宅配レンタルで取り寄せる

DMMレンタル

こちらからレンタルできます(2020.9.18現在)。

単品有料レンタル(全6枚)もできますが、
初めてのご利用なら、月額レンタルが1ヶ月無料で体験できますよ^ ^
↓ ↓ ↓

※「ジョーカー」を観るために、「無料トライアルしてみよう♪」と思ってくださった方は、
 現在もレンタル可能か、お申込み前に、こちらから確認してくださいね(^_−)−☆

  


   

コメント

タイトルとURLをコピーしました