「Scorpion/スコーピオン」おすすめガイド☆人の心を逆なでするコミュニケーションと円滑なコミュニケーションの違い

海外ドラマ
Scorpion/スコーピオン

このドラマの見所は
実は、事件解決よりも

主要登場人物7人の知れば知るほど愛着が持てるキャラクターと人間模様です

作品情報

タイトルScorpion/スコーピオン
おすすめ度4.0
種別/ジャンル 海外ドラマ(アメリカ) / アクション, ヒューマンドラマ      
スタッフ演出 : Eddie Kaye Thomas, Jadyn Wong, Ari Stidham
出演エリス・ガベル, キャサリン・マクフィー, ロバート・パトリック, エディ・ケイ・トーマス
放送日2014年9月22日〜2018年4月16日(シーズン4まで)
タグさ行,す, 知能指数, コミュニケーション, 学べる,

予告動画

ドラマ『SCORPION/スコーピオン』予告編

ストーリー ( あらすじ )

アイルランドに住んでいたウォルター・オブライエンは、
11歳の時、NASAのコンピュータにハッキングしたことで、国土安全保障省に連行される。

時が経ち、大人になったウォルターは、
行動心理学者のトビーとメカの天才ハッピー、天才数学者シルヴェスターの3人とともに
会社”スコーピオン”を設立。

そこへ、あの時関わった特別捜査官ゲイブ・ガロが現れ、
政府の捜査へ技術協力をすることになる。

しかし、天才ゆえコミュニケーションに問題があり、
ウエイトレスをしていた一般人のペイジを”通訳”および”潤滑油”として仲間に加わってもらう。

ペイジの息子ライフも、天才がゆえに、周囲とうまく関われず、
また、母ペイジにも理解されていなかった。

そこで、チームは、分かり合える仲間としてライフと関わり、
母親ペイジの理解を手助けする。

心に効くポイント ( 感想、考察 )

このドラマは、アクションとしての規模も大きく
あっという間に、政府の大きな事件に巻き込まれ、
命に関わるアクションへと発展していきます

数々のヘマも伴って、窮地となって
ハラハラドキドキさせられますが

最後は、あっけないほどするりと解決!


そのあたりで賛否はあるようですが
ヒーローもののように毎回のお決まりで、
安心して気楽に楽しめます^ ^

このドラマの見所は
実は、事件解決よりも

主要登場人物7人の
知れば知るほど愛着が持てるキャラクターと人間模様です

天才がゆえに、
悪気なく人の心を逆なでするコミュニケーションをしてしまう4人と

そんな4人を理解者としてうまくサボートするペイジ

円滑なコミュニケーションのコントラストが
わかりやすく、学びになります!

言い方ひとつで、ことの進展に影響することが
よくわかりますよ

そんな天才たちも回を重ねるたびに
関係を深めていくところがグッときます

また、そんな天才たちの恋愛も見所です^ ^

今、シーズン1をみたところですが
最終話では、涙しました

現在、シーズン4まであり
話が進めば進むほど・・・

恋愛色が強くなり
心の問題、コミュニケーションの問題も
多く扱うようになります

そして、何と言っても
コメディ色も強くなって
くだらない笑いが増えていきますよ笑

「Scorpion/スコーピオン」を無料で観るには

動画配信で今すぐ観る

amazon prime video

prime会員の方は、こちらから観られます(2021.3.19現在)

初めての方は、30日間無料トライアルできますよ!!
  ↓ ↓ ↓

※「Scorpion/スコーピオン」を観るために、
「無料トライアルしてみよう♪」と思ってくださった方は、
 現在も視聴可能か、こちらから確認してくださいね(^_−)−☆

hulu

hulu会員の方は、こちらから、字幕・吹替両方ご覧いただけます(2021.3.19現在)。

初めての方は、2週間無料トライアルで観られますよ!!
   ↓ ↓ ↓

韓流バナー

※「Scorpion/スコーピオン」を観るために、「無料トライアルしてみよう♪」と思ってくださった方は、
 現在も視聴可能か、お申込み前に、こちらから確認してくださいね(^_−)−☆

DVD , Blu-ray 宅配レンタルで取り寄せる

DMMレンタル

こちらから、リーズナブルにレンタルできます(2021.3.19現在)。

単品有料レンタルもできますが、
初めてのご利用なら、月額レンタルが1ヶ月無料で体験できます!
↓ ↓ ↓

※「Scorpion/スコーピオン」を観るために、「無料トライアルしてみよう♪」と思って
 くださった方は、現在もレンタル可能か、お申込み前に、こちらからご確認くださいね(^_−)−☆

これに興味を持ったあなたには、コレもおすすめ

ちなみに、日本のドラマで、
天才のコミュニケーション下手が極端にコミカルに表現されているのがコレ
STシリーズ(これも面白い!)

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました