現実とリンクするSF映画「TIME」おすすめガイド

洋画

私の中で、考えさせられた映画NO.1です!!

作品情報

タイトルTIME
おすすめ度5.0
種別 / ジャンル洋画(アメリカ)  / SF
スタッフ監督・脚本 : アンドリュー・ニコル
出演ジャスティン・ティンバーレイク、アマンダ・サイフリッド、
キリアン・マーフィー、オリヴィア・ワイルド、マット・ボマー、
アレックス・ペティファー、ヴィンセント・カーシーザー、ジョニー・ガレッキ
公開日2011年
タグた, アメリカ, SF, 考えさせられる, 世界観,

公式予告動画

映画『TIME/タイム』予告編

心に効くポイント

まず、世界観が面白いです。
ドキッとします。

例えば・・・

■  体の成長は、25歳でストップする
  → つまり、老化しない♪

■ 通貨は、「時間」
  25歳の誕生日に、1年の時間が与えられ、
     働くと時間が与えられます。

     そして、物を買うにも、家賃や公共料金を払うにも、
     時間で支払います。

  銀行にも、「時間」を預けるんです。

■ 貧富の差が激しく、住むエリアも分かれている

  富のエリアでは、みな、
    100年、1000年の時間(命)があるため
  誰も走りませんし、
     無事に過ごすことが大切で、危険なこともしません。

  一方、貧困エリアは、
    朝起きたときの命は、皆、24時間未満。

  いつも時間(お金)のことを考えていないといけなくて
  いつもお金に翻弄されている。

    皆、死と隣り合わせ、
  だからこそ、日々、生きるために必死。

    個人間の時間の融通は可能なので、
    時間(命)を分け合って生きています。

なんだか不思議と現実感があって、
引き込まれました。

そして、それによって
いろいろ考えさせられたことが、
お薦めしたい理由です。

例えば・・・

☆「時間」と「お金」の関係と
  それぞれの価値というものを改めて
  考えさせられました。


  時間をお金で買うって意味合いのことってありますしね。
  そして、どんなお金持ちも現実には
  「時間」=「若さ」「寿命」は買えないとか。

そして、「時間」=「命」ということは、わかっていたけれど
 これまた、改めて実感しました。


老いる事の意味」、そして、
  「生きている実感とは何か」についても
  考えさせられました。

どうも、低評価をしている方のレビューを見ると、
字幕で観るのがおすすめのようです

映画「TIME」を無料で観るには

今すぐ見るなら動画配信(VOD)

amazon prime video

prime会員の方は、こちらからご覧いただけます(2020.9.16現在)。

初めての方は、30日間無料トライアルでご覧いただけます!
  ↓ ↓ ↓

※「TIME」を観るために、「無料トライアルしてみよう♪」と思ってくださった方は、
 現在も視聴可能か、申し込み前に、こちらから確認してくださいね(^_−)−☆
  

DVD , Blu-ray 宅配レンタルで取り寄せる

DMMレンタル

こちらからレンタルできます(2020.9.16現在)。

単品レンタルもできますが、
初めてのご利用なら、月額レンタルが1ヶ月無料で体験いただけます!
↓ ↓ ↓

※「TIME」を観るために、「無料トライアルしてみよう♪」と思ってくださった方は、
 現在もレンタル可能か、申し込み前に、こちらから確認してくださいね(^_−)−☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました